ctwamcwp_k のすべての投稿

探偵の銀行口座調査

探偵社や興信所が依頼される調査は多岐にわたりますが、銀行口座調査もそのうちの一つです。銀行口座調査とは個人、法人が有する預金、口座、残高の有無を確認するための調査で、債権保全(回収)、差し押さえ、強制執行、慰謝料請求、財産分与を行う際に最も必要な情報の収集を行います。 続きを読む 探偵の銀行口座調査

インターネット調査の費用はどのくらい?

探偵社への依頼といえば浮気調査、人探し、家出人捜索が多いのですが、時代を反映してか、インターネットに関する調査依頼も増えてきております。迷惑メール、インターネット上の掲示板やSNSでの特定の個人に対する誹謗中傷などの解決、調査依頼がそうなのですが、実のところ探偵社がインターネット上のトラブル解決の専門家かというとそうではありません。 続きを読む インターネット調査の費用はどのくらい?

探偵で調査を断られる事例

テレビドラマや映画などを見ると、探偵は殺人事件を追ったり、違法な調査を行ったり様々な依頼を受けていますよね。実際に探偵で調査を断られる事例には、まさにこのような法令を順守できないような案件が多いでしょう。例えば「恨んでいる相手に仕返しをして欲しい」とか、「実はストーカーをしたい相手を探す依頼」だったり、「自分がDVをした元妻を探したい」等があります。ストーカーと知らずに依頼を受けた結果、殺人事件に発展した「逗子ストーカー殺人事件」の事例もあります。そのため、探偵業界全体でストーカーからの依頼をシャットアウトしているという現状があります。発覚の恐れが高いリスクのある調査内容や探偵に危険が伴う調査も断られます。例えば、暴力団の内部調査など依頼者や探偵の命に関わるような調査は断られます。仕返しなどの工作は、探偵業法と言う探偵社の業務を適正化する法律に違反しているので断られます。このように当然ですが、ドラマや映画と現実は異なります。探偵は公安に届け出を出してクリーンに業務を遂行していますから、法律違反になる調査方法などはすべて断られます。

浮気調査の費用

探偵が行っている浮気調査では怪しく思っているパートナーの浮気の確実な証拠をつかむことができるんです。ですが浮気調査を依頼したいと考えている方でも、気になるのは費用だと思います。どれぐらいの費用で浮気調査を依頼することができるものなのでしょうか。実は浮気調査にかかる費用って調査内容によってまちまちなんです。調査をおこなった期間が長いとその分費用はたくさんかかります。ですが調査が短期間で済むのなら費用を安く抑えることができます。それから調査内容ですが、調査にかかった交通費であったり調査での労力が大きければ大きいほど金額はアップします。なので費用はこれだけかかる、というのは言えないんです。なので費用が気になる方は一度探偵事務所に相談をおこなって見積もってもらうとよいでしょう。費用を安く抑えたいのであれば確実に証拠を押さえられる日、浮気をするだろうという日、たとえば出張中に浮気を行っているのであれば出張の日程等、に絞って調査を依頼すると、調査の期間も短期間で済みますから費用も安くで抑えられるのです。

不動産調査の費用

一言に不動産調査といっても調査項目は多岐にわたります。なので、依頼内容により不動産調査にかかる費用がかわってきます。全く新しい土地への引越しを考えているならば、その地域周辺の治安状況、過去に起きた事故や災害などの情報、怪奇現象、交通の便や道路の交通状況など、調査により引越し先の地域評価に関する情報を入手するといいでしょう。この不動産調査は8万円から10万円前後かかります。近所間での習慣、自治会団体の役回り、盛んに活動が行われているサークル、主婦の世代層など、住んでみなければわからない情報も入手することが出来ます。物件の購入を考えているならば、中古物件の老朽化、過去に殺人や自殺などがあった事故物件でないかの確認、建物自体の増改築や新築か可能か否かなど、不動産屋が公開せずに隠しているかもしれない情報を入手する不動産調査をおすすめします。この場合、費用は10万円を超えてしまうこともあります。対象者の不動産や動産などの保有状況を把握するための不動産調査は比較的に安くなっており、10万円以下で依頼出来る場合があります。けれども、収集した情報をもとに書類等を作成してもらうのであれば、別途で数万円かかることがあります。

背任・横領調査の費用

探偵が行う法人向け調査である背任・横領調査の費用は一律ではないものの大体時間帯によって設けられている場合が多いのです。その理由としてこの調査は基本的に相手の証拠を集めるために多くの時間がかかるからです。例えば横領調査にしても帳簿などを書き換える場合が多いのですが、社員が何時書き換えるかその行動を見張っていなければいけません。他の不正調査においても対象者が不正を行った瞬間を記録として治めるのが基本ですから対象者の行動を見張ることがセオリーな調査方法なのです。よって結果が出るまでの調査日数若しくは時間で料金を区切る探偵業者が多いと言えるのです。ここで注意しておきたいのは前述した費用の他にも経費や人件費など内容によって合計費用が変動してくる可能性があります。依頼内容が一緒でもその環境などが同一であることはほぼありませんからその依頼によって適した費用が変わってくることが多いのです。はっきりとした費用を知りたいと思うのならば現在電話で無料相談を行っている探偵業社もありますので、一度相談してみると良いでしょう。