多く取りたいと思う

浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

上手く行かなかっ立ときの報酬についても、契約を交わす際に契約書に盛り込向ことが必要なのです。

もし、貴方が不倫などにむき合うことになり、慰謝料を請求する側になっ立とすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけないワケですし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を見せられなければなりません。

もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判で闘う上での武器には困らないように、準備して貰えるのです。
実際、もう離婚になってもいい、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
しかし、単独で行くのは、揉める元なので、避けたいところです。仕事辞めたくなったら 「仕事辞めたい」7つの理由とリアル対処法

信頼できる人に供に行ってもらうなら、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストだと思います。
興信所と探偵事務所の違う所をきかれた場合、別段変わりは無いと言ってもいいかも知れません。
双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似したしごとをしています。