探偵スクープ不思議な能力を手に入れた

世の中には、不思議な現象はいくらでもある。
幽霊といった霊の存在、それに連なる霊感もまた然り。

そして、私は中学3年の時にそれを手に入れた。
霊感は、ある時急に強くなる人がいるとは聞くけれど、まさか自分がそうなるとは思ってもみなかった。
ただ、あくまでも強く感じるのであって、目に見えているわけではない。
実際に幽霊にあった事は、子供の頃に確かにある。
それも目に見えていました。
だが、それ以外で霊を見た事はありませんね。
ですが、誰かが他界した時に感じる事がある。
思わず、誰かが亡くなったと呟くのです。
それを言ったら、人なんて毎日誰かお亡くなりになって、また別の命が生まれているのだから、毎日誰かが他界していると呟く事になるだろう。
だから、そこはやはり身近な存在に限定される。
友人、家族、親類、必ず面と向かってあっていなければ、その人の魂みたいなものを感じる事が出来ません。
つまり、こう言った不思議な能力は万能ではない。
何かしら、制限、あるいは限定的なものが何かあるのです。
とは言え、目に見えて証明出来ない以上、人に信じて貰う事は難しい。
嘘つき呼ばわりをされるのがオチなのである。
世間で霊感があると公言している人は、結局の所、お金とコネを使って注目を集めたのであって、一般の人は自分の不思議な能力を隠して生きている人が大半です。
もっと堂々と能力を公言出来る世の中になれば良いのに、と良く思う事がある。
安城探偵