ストーカー対策の監視調査とは

ストーカー対策の監視調査とは文字通り監視するわけですが、ストーカーの被害者である依頼者の自宅などに監視カメラを設置し、ストーカー被害の実態を調査することです。探偵社に認められている調査方法として聞き込み、張り込み、尾行がありますが、監視カメラの設置は張り込みの意味合いと、監視カメラがあることによる抑止力になるのです。もしストーカーが特定されていなかった場合は、犯人を突き止めることもできます。いずれにしても監視調査は有効なストーカー被害調査なのです。証拠さえつかむことができれば後はそれを警察に持ち込めばストーカー被害から解放され、のびのびとした生活を送ることができます。監視調査はストーカー被害解決のみならず、いたずら、嫌がらせの対策にも役立ちます。ストーカー被害にお悩みの方、いたずら、嫌がらせに苦しんでいる方、ぜひお近くの探偵社に相談してみてください。一人で悩まず、プロに相談することで一つ悩みを取り去ることが可能です。ちなみに監視カメラによる調査は特定の人間を撮影する盗撮とは違い、ストーカー被害やいたずら、嫌がらせに悩む方々を開放する有効な調査手段なのです。